症状が出たらすぐ治療に!歯科に行くタイミング

病院に行くなら

歯の痛みを感じたり、気になることがあればすぐに歯科で診てもらいましょう。早めに対処することで、最小限の治療で済みます。治療を受ける流れや注意点をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

治療を受けるまでの流れ

予約方法

治療をするためには予約をしなければなりませんが、最近では二通りの予約方法があります。電話をする方法とメールフォームから送信する方法があり、忙しい方は後者を選ぶと良いでしょう。

遅刻は厳禁

予約をしたのであれば、その日に行くのが常識です。また、少しでも遅れる場合や、都合により他の日に変更したい場合は、すぐに電話でその旨を伝えると良いでしょう。そうすれば、他の患者さんの迷惑になりません。

受付を済ませる

病院の中に入ると受付と書いた看板が掲げてあるので、そちらで手続きをすると良いでしょう。初診であれば、問診票に必要事項を記入する必要もあるので、間違いがないように書きましょう。

待機する

待機する場所はいろいろな人が使うので、大声で話したり、読んでいた本を片づけないで治療を受けたりすることは控えるべきです。また、治療中にトイレに行かなくてもいいように、この時にトイレに行っておくと良いでしょう。

治療開始

自分の名前を呼ばれたら治療室へ入り、医師を待ちます。医師がきたら説明を受けたり、歯の状態を聞かれたりするので、きちんと確認しておきましょう。それが済むと、治療を開始します。

症状が出たらすぐ治療に!歯科に行くタイミング

治療

ズキズキする

突然歯に痛みを感じるようになり、それが何もしていない時にも起こるようなら、虫歯の可能性が高いと言えるでしょう。初期段階ではすぐに収まりますが、最悪の場合は生活に影響が出るほどに痛みが増してくるので、早めにせんげん台の歯科で治療を受けると良いでしょう。

しみる

飲み物を口にした時にしみるという症状があるのなら、これは炎症を起こしているサインと言われています。放置していても治る保証はないので、近くの歯科に行って治療をしてもらうと良いでしょう。早めに診てもらったほうがいいので、せんげん台の自宅近くや職場付近の歯科でも構いません。

出血

歯茎から出血がある場合は、歯肉炎の疑いがあるので、この手の治療に強い歯科を探すと良いでしょう。そうすることによって、適切な処置をしてもらうことができ、食事のときにも痛みを感じないようになります。

治療法が異なる

このように、症状によって治療内容が違ってくるので、自己判断をするのではなく必ず歯科に行くように心がけると良いでしょう。そうすることによって、抜歯をする前に歯を治すことが可能になるのです。

広告募集中